FC2ブログ

白い画材の使い道

こんにちは、お絵かき隊の橋野熊手です。

色鉛筆やクレヨンのセットの中の白色。

皆様はどんな風に使っていらしたでしょうか?

白は画用紙の白地を塗り残せば自然と生まれる色です。

ですから、他の色のように、描く対象を表現する為に使い減らされる事が無い。という方も多くいらっしゃるのではないかと思われます。

色とりどりのセットの中で眠らせている白。

私も今まで白と言えば、漫画用の修正液として利用する程度でした。

しかし似顔絵を描き始めてから状況が一変しました。

白いポスターカラーマーカー、(ポスカ)と白い油性色鉛筆、(ダーマトグラフ)が無くては作画が成り立たない。という事に気付いたらなっていました。

ダーマトグラフは、クレヨンと色鉛筆の中間の柔らかさの筆記具です。
油性ですから水で溶いた水彩絵具を弾きます。

背景に色を塗る前に、白いダーマトグラフで模様を描いておきます。

白い紙の上の白い模様。

その上から水彩絵具で色を塗ると、模様の部分が塗り残されます。

花柄や星柄、ハートなどが画面に白く浮かび上がります。

はじき絵という技法だそうです。

背景が一気に華やかになるので、一緒に見ているお客様も喜んでくれます。

絵具を弾いてくれるので、色を乗せたくない場所をマスキングする為にも使えます。

ネックレスや花嫁さんのベール、花婿さんの胸元のコサージュなどに予めダーマトグラフを塗っておきます。
太い筆でのびのび塗っても絵具がモチーフに付かないので、色ムラ無く仕上げる事が出来ます。

ポスカは、描き味が滑らかで少し色が滲む点が特徴です。

修正や仕上げで効果を発揮してくれます。

目の白い所にはみ出してしまった肌色を消したり、眼鏡の反射や髪の艶を描くのに使ったりします。

少し透けるので周囲の色と馴染みやすく、ナチュラルな質感で描く事が出来ます。

両方共とても便利な画材です。
末長く仲良くしたいと思います。
KIMG3689.jpg

似顔絵師 橋野熊手

☆営業現場のスケジュール一覧はコチラ↓
http://www.pleasure-p.co.jp/oekaki/kokode

お絵かき隊のホームページはコチラから

Tag : 橋野熊手

 | ホーム | 

プロフィール

お絵かき隊

Author:お絵かき隊
名古屋を中心に楽しく元気に似顔絵を描いているチームです。


お絵かき隊のホームページ


お絵かき隊のfacebook

QRコード

QRコード

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

似顔絵通信販売

お絵かき隊の似顔絵通信販売

プロフィール

お絵かき隊

Author:お絵かき隊
名古屋を中心に楽しく元気に似顔絵を描いているチームです。


お絵かき隊のホームページ


お絵かき隊のfacebook

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム