FC2ブログ

成長

こんにちは、お絵かき隊の橋野熊手です。

友人のお子様の写真を見て、いつの間にこんなに成長したのだろうと驚きました。

自分が子供の頃に、親戚の大人などに、会う度に「大きくなったね。」と言われたのを思い出します。

子供心に(その言葉は聞き飽きた。)と思っていました。

しかしいざ大人になってみると、子供のみるみる成長していくダイナミズムに感動してしまい、やっぱり同じ言葉が口をついて出てしまいます。

これは思い出としてちゃんと形に残さないと勿体無いだろうなと、私でも思います。
親なら尚更大事に感じるはずでしょう。

写真を撮影するのも良いですが、毎年お子様の誕生日などに似顔絵を描きに来られるご家庭もいらっしゃいます。
よろしければ、お子様の成長記録に似顔絵をご利用下さい。
よろしくお願いします。

image0_202009241409331f6.jpeg

似顔絵師 橋野熊手

☆営業現場のスケジュール一覧はコチラ↓
http://www.pleasure-p.co.jp/oekaki/kokode

お絵かき隊のホームページはコチラから

Tag : 橋野熊手

画材の可能性

こんにちは、お絵かき隊の橋野熊手です。

普段私はネット上でアナログイラストばかり発表しています。

類は友を呼ぶようで、SNSの知人にアナログ描きが増えました。

皆とても上手で、特に色鉛筆画が素晴らしいです。

画材として、描線の細かなタッチがつけやすい特長があるせいか、獣や鳥の毛並みの流れを表現した物が多いです。

黒い犬を描く時、黒い色だけでなく緑や紫を使って味わいのある質感を作り出していたりするそうです。

大蛇のウロコを1枚1枚描いた作品もあります。
ずっしりとしたしなやかさが伝わって来る絵で、描き上げた労力を思うと気が遠くなります。

色鉛筆というありふれた画材でこんなに多彩で繊細な表現が出来るなんてと、ため息が出そうです。
しかし色鉛筆という画材自体が凄いのでは無い、描く人に基礎を飛び越えたデッサン力があるから出来る凄さなんだと思います。

技術があるのと良い絵が描けるのは別だというのは大前提です。

でも画材とどれだけ仲良くなれるかで出来る事、見えてくる物が変わって来るのも事実なんだろうな、画材の可能性を高めるのは自分次第だなと感じつつ、絵絵筆での柔らかい質感を表現できるよう今日も水彩画を描いています。

image1_20200910144936259.jpeg

似顔絵師 橋野熊手

☆営業現場のスケジュール一覧はコチラ↓
http://www.pleasure-p.co.jp/oekaki/kokode

お絵かき隊のホームページはコチラから

Tag : 橋野熊手

はじめましてスマートフォン

こんにちは、お絵かき隊の橋野熊手です。

先日初めてガラケーからスマートフォンに乗り換えました。

人様がスマホは便利だ便利だと言っているのを聞いてはいましたが、実際に使い始めたばかりの私には、その便利さがまだ実感出来ていないような段階です。

目覚まし時計のかけ方をパソコンで調べてなんとか設定を完了させたりしています。

先輩方から、常々『仕事で使うんだから、もっとカメラの質の良い機種に変えなさい。』とアドバイスをいただいていたので、やっとそれに応えられたなと少し嬉しく思います。

電池も以前の機種は似顔絵用にカメラを使い過ぎると営業終わりにはバッテリー残量がギリギリで危なかったので、新しくスマホに変える時、電池が長持ちする機種を選びました。
これからは安心して使えるだろうなと思っています。

なんにせよ、しばらくはスマホの使い方を覚える事に
集中しなくてはなりません。

もう少ししたら、スマホと同時期に注文したiPadが届く予定なので両方を使いこなす為にも、今のうちにスマホに慣れておきたい所です。

猫に小判。豚に真珠。とならないようにしたいです。

image0_202008271245482e3.jpeg

似顔絵師 橋野熊手

☆営業現場のスケジュール一覧はコチラ↓
http://www.pleasure-p.co.jp/oekaki/kokode

お絵かき隊のホームページはコチラから

Tag : 橋野熊手

75年目の夏

こんにちは。お絵かき隊の橋野熊手です。

今年の夏で終戦から75年になります。

私は日頃から太平洋戦争及び第二次世界大戦前後の歴史について少しずつ調べています。

本を読んだり、地域の戦争展に行ったり、老人ホームに行って友人の祖母の戦中の暮らしについて聞き書きをさせて貰ったり、8月にNHKの戦争番組を録画してテレビの録画ハードディスクをパンパンにして家族を困らせたりしながら暮らしています。

戦争展に出品された遺品の中で印象的だった品があります。

日の丸の国旗の白い部分に出征兵士への応援の言葉を仲間の皆で寄せ書きにして贈った物です。

普通は仲間の名前と共に(武運長久)とか(滅私奉公)等と書かれています。

その中に、(貴様は小さいから爆弾に吹き飛ばされるなよ)といったような事が書いてありました。

それを見た時、等身大の若者の友情が確かにそこに存在していたのだなと思い、胸が熱くなったのを覚えています。

もっと戦争の歴史に詳しくなりたい。
そこに生きていた人々の事を知りたい。
と思いながら、少しずつ地図や年表を眺める日々です。
Effect_20200807_185536.jpg

似顔絵師 橋野熊手

☆営業現場のスケジュール一覧はコチラ↓
http://www.pleasure-p.co.jp/oekaki/kokode

お絵かき隊のホームページはコチラから


Tag : 橋野熊手

思い出はラビリンス

こんにちは、お絵かき隊の橋野熊手です。

子供の頃、上手く描けなくて悔しかった人物がいます。
この機会に再挑戦して描いてみようと思いました。

誰かというと、江戸時代の名医、杉田玄白(1733~1817)です。
オランダ語の医学書(ターヘル・アナトミア)を(解体新書)に和訳した方です。

小学生だった私は、授業中、ノートに教科書の人物の似顔絵をよく真似して描いたりしていました。

普通、似顔絵を描く時は、大まかに面積バランスを捉える為に簡単に全体図を描いてから始めます。

しかしその頃、基本的な描き方を知らなかった私は一発描きで杉田玄白に挑んでしまいました。

おでこのシワを1本ずつ丁寧に描こうとした結果、それだけでかなりの面積を使ってしまい、頭がアコーディオンのようにびよびよと伸びた妖怪みたいな図が出来上がりました。

(違うなんか違う)と心の中で叫びながら、でもどうしたら良いか分からなくてシワのラビリンスをじっと見つめた記憶があります。

あれは悔しかった。と思いながら今回の似顔絵を描きました。
やっぱり難しかったのですが、自分でも意外なくらい楽しく描けました。挑戦してみて良かったです。

Effect_20200726_232134.jpg

似顔絵師 橋野熊手

☆営業現場のスケジュール一覧はコチラ↓
http://www.pleasure-p.co.jp/oekaki/kokode

お絵かき隊のホームページはコチラから

Tag : 橋野熊手

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

お絵かき隊

Author:お絵かき隊
名古屋を中心に楽しく元気に似顔絵を描いているチームです。


お絵かき隊のホームページ


お絵かき隊のfacebook

QRコード

QRコード

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

似顔絵通信販売

お絵かき隊の似顔絵通信販売

プロフィール

お絵かき隊

Author:お絵かき隊
名古屋を中心に楽しく元気に似顔絵を描いているチームです。


お絵かき隊のホームページ


お絵かき隊のfacebook

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム